<< 2006年11月24日のコメント♪ | main | 2006年11月25日のコメント♪ >>
腰痛
だりだりの寝言:
「せっかくの晩飯会が・・・」
 
りんちゃんの寝言:
「まあまあ・・・.
..ρ(..、)ヾ(^ー^;)ヨシヨシ
一生大事にしたい、
お友達さんなんだからね。
無理しないで、次の機会ね♪
お茶碗もお箸もお椀も全部、
お友達さん専用で揃えたし?
何時でも来てもらおうね〜♪」

はじらの寝言:

「そうだよ、父ちゃん!来月来てくれるし♪」

あんたんの寝言:

 「( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪ 父ちゃんのお友達さん、
おいらといっぱぁ〜い遊んでくれるかな♪
おいら、ご自慢のしっぽを、 ̄ー ̄)ノ)))))))) ブンブン振り回すじょぉ〜♪」
 
ぷりたんの寝言:
「ご馳走食べれなかった・・・(-.-)p 楽しみにしてたのにな・・・
とっとと、腰治して倍ご馳走してよ!期待した分、鰹節、オイラだけにちょうらいよ♪」



すりーあみーごの音琴♪:

「「今日はね、父ちゃんの職場の先輩で、大好きな人が、
ご飯食べに来る予定だったの・・・・。
でも、父ちゃん、今週の月曜日から水曜日まで腰イタイタで仕事休んでたんだ・・・
木曜日は、勤労感謝でほんとは祭日なんだけど、
夏休みにこの祭日が追加されたから、皆出勤になったの。
でも、本来は休みだし、会社自体もそんなに動いてないから、
仕事楽だから〜と思ったら・・・

父ちゃんが3日休んだ間、父ちゃんのグループさん働いてたけど、
細かい整理とかしてなくて、父ちゃん、
休んだ穴埋めと、休んだ間に溜まった仕事に追われたの・・・
金曜日は通常勤務だったけど、夕方背中が伸ばせなくなって、
もう帰ったほうが良い!って上司さんに言われたんだぁ・・・

父ちゃんね、りんたんと知り合う前にね、バカスカ仕事してて、
上司とのミーティング中に痛みに耐えられなくなって
崩れ落ちたぐらい腰を痛めたんだって。
そいで、会社辞めて、次の仕事に就いたんだけど・・・
高い所から落っこちたの。
でもひどい病院で、レントゲンも傷の手当てもせず、
父ちゃんをベットに寝転がしたままだったんだムカムカ…((o(-゛-;)
父ちゃん、地獄見たくないって、歩く練習自分だけで初めて、
自分でリハビリして退院したんだ。
生き地獄みたいな病院だったんだ・・・
その後遺症で今も苦しんでるんだよぉ・・・
名前はあえて出さないけどさ
夏になると”兵庫県のとある海岸の花火で、病院が迷惑してる”ってとこの病院。
その頃、りんたんと知り合ってたら、転院とか出来て、
ここまで酷くならなかったかもって話してるよぉ・・・

りんたんも仕事のストレスやら、仕事場の環境の悪さで怪我したり。。。
父ちゃん、その時何もりんたんにしてやれないのが、辛かったって。。。

病院の最悪な治療や会社の体制持ち出したらきりが無いから、
今日はやめとくけど・・・

一人一人、ちゃんと生きるための治療が出来るような世の中にして欲しい。
怪我や病気した人、自分の事だけ考えないでね。
自分の事だけ考えると、ちゃんと最後まで治さないでしょう?
自分の事を気にして大事にして、悲しんだり喜んだりしてくれる人が、
必ずいるって事覚えててね・・・
命って事ばかり大事にするけど、命を大事にするって事は、
自分の身体も心も、知り合いの身体も心も大事にするって事だから・・・

身体も心も、イタイイタイは我慢しないで!
ちゃんと治療してね(*- -)(*_ _)ペコリ」



注:この記事は 旧×2 Dr.HAPの音琴(or寝言)♪で
2006/11/25 AM 12:44:44 に書いた記事です。





| 身体・・・ | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hidamarinonakanonegoto.com/trackback/195
トラックバック